COVID19ワクチン接種の実施者に関する幼稚な疑問

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワクチン接種の打ち手が足りない、といこうとで歯科医師、救命救急士、検査技師などが検討もしくはすでに担当されています。多くの病院では筋肉注射は看護師が99%以上実施していると思います。私も医師になって約40年になりますが、今まで筋肉注射を実施した記憶は一度もありません(もしかしたら1-2回やったかもしれません)。医師は血管内注射はやりますが、筋肉注射や皮下皮内注射はほとんど行っていないと思います。ワクチン接種に関しての医師の役目は、予診票から接種が可能かどうか判断することと、強い副反応が生じた場合に適確に対応することであり、注射を行うのは、最も慣れている看護師が実施するべきだと思います。ワクチン接種の打ち手が足りない、といことは看護師が足りないので歯科医師、救命救急士、検査技師などが接種担当に選ばれたのでしょうか?ニュースからはこのあたりが釈然としません。実際、医療従事者として私達も某病院で先行ワクチン接種を受けましたが、予診は恐縮にも院長先生や副院長先生に行っていただき、実際の接種は看護師の方に行っていただきました。大体、救命救急士は忙しくて注射どころではないように思います。

5月 25, 2021