COVID-19PCR検査と現在最大の悩み

このエントリーをはてなブックマークに追加

 PCR検査を風邪症状の方には行うべきではありません。それは、PCR検査では本当は感染していても検査上陰性の結果になってしまう偽陰性の場合があるからです。陰性と判定されると安心して出かけてしまう方の中に本当は感染している方が含まれてしまい感染を拡大させてしまう危険性があります。また、風邪症状で陽性だとわかっても治療方法がありません。さらに、検査の場所に行くだけで、他の人に感染させたり、感染させられる危険性があります。韓国とイタリアでCOVID-19の感染拡大が爆発的になった理由は安易にPCR検査を受けられる体制が悪かった、と言う説があります。今まで、日本が爆発的な感染拡大に至っていないのは、PCR検査を安易に受けられないシステムにしていたからだと考えますが、このあたりの説明を政府がきちんとしていたかどうかは私の記憶では定かではありません。よって、一番大事なことは風邪症状を認めたら、休む、休ませる。風邪を引いたらCOVID-19の可能性を考え、人と接しないようにする。その上で発熱や咳の持続、息苦しさや強い全身症状が出現したら保健所に相談して指示を仰ぐようにするべきだと考えられます。ただ、ここで現在あまり取り上げられていない問題ですが、現在の最大の悩みがあります。インフルエンザの場合には発症して五日以上、かつ平熱になって二日以上経過したら出勤もしくは登校可能となっていますが、今回のCOVID-19に関してはそのような指導がありません。勿論、COVID-19とは皆さん診断されてはいないわけですが、風邪症状を認めた場合にはCOVID-19の可能性を考えて仕事や学校を休むわけなので、COVID-19と仮定して対応しなければなりません。COVID-19の場合はインフルエンザより長期間に渡ってウィルスを排出しているという報告もあります。例えば、風邪症状の方が平常の状態に回復した時点でPCR検査を二回受けて陰性であれば出勤や登校を可能にする、などの方法も考えられますが、これだと莫大の検査数になり現実的ではなさそうですし、検査場で再感染してしまうリスクもあります。100%安全な状態は望めませんが、風邪症状から回復して、この条件を満たせば90%以上は大丈夫、と言うような指針ができないものかと考えます。そのためにも、「F’sブログ : COVID-19に関して今一番知りたいこと」で述べましたように、実際に今まで感染ルートが判明しているケースで、感染させた人は感染させた時点で症状がなかった人もいるのか?それを知りたい。

2020年3月14日

3月 14, 2020