COVID-19PCR検査などの実施に関して思うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

 保健所、帰国者・接触者相談センターに携わっている方々の大変さは想像に難くありません。国内で蔓延してる現在において、未だに帰国者・・・センターと言う名称も不適切に思いますし、多忙な保健所にPCR検査を行うかどうかの判断を負担させるようなことは避けるべきだと思います。そろそろ帰国者・接触者相談センターなど廃止して、すべての発熱など風邪症状の方は、保健所(帰国者・接触者相談センター)に問い合わせることなく、一般の医療機関(当院のような開業医を含め)を受診し、そこで、問診、採血、レントゲン、CTなどを実施して、COVID-19が疑わしければPCR検査を依頼して(保健所にPCR検査実施の可否を問い合わせるのではなく)実施できるシステムにするべきだと考えます。勿論、一般の医療機関では、COVID-19の可能性がある患者さんの診療を他の患者さんと隔絶する工夫が強いられます。当院でもできる限りの工夫をして、COVID-19であってもそうでなくてもタイムリーな診断、治療が提供出来るように日々改良を心がけています。また、PCR検査、抗体検査なども許されるのであれば、スタッフのリスクを最小限にする工夫をして対応したいと考えています。

202057

5月 7, 2020