COVID-19ワクチンの本当の効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナワクチンの有効率については約95%と非常に優秀な成績が示されています。それも、重症化を防ぐだけではなく、発症(感染?)そのものを95%も抑えてくれます。インフルエンザワクチンの場合には発症(感染)を防ぐ効果はないけど、重症化は防げます、という程度でした。余談になりますが、インフルエンザワクチンは医療者は接種すべきとWHOも提言していますが、私自身は元気な(重篤化の恐れが少ない)医療者はワクチンを接種すべきではないと考え、私自身は接種していませんでした。理由はワクチン接種により感染しても症状がマスクされ、知らないうちに患者さんに遷してしまう可能性があるからです。話を元に戻しますが、新型コロナワクチン接種後も同様に自分は発症していないけど、感染に気づかず他人に遷してしまう可能性は否定できません。実際にワクチン接種後の医療従事者がその施設で新型コロナ発症者が出現したため濃厚接触者としてPCR検査を行ったところ、陽性であったが無症状であったとの報道もありました。多くの国民にワクチンが接種されればこのような心配は少なくなりますが、当分の間はこのリスクを念頭に置かなければなりません。そこで、ワクチンの有効性に関して以下の二つのデータを知りたいと思い、毎日、ワクチンに関する国内文献、海外文献を検索していますが、私の検索力が非力なのか見つかりません。

①ワクチン接種後に発症した症例の発症時の中和抗体価。つまり、中和抗体が高くても感染することがあるのか?中和抗体が獲得されていないから発症したのか?

②ワクチンを接種した群とプラセボ群(偽薬を注射された人)全員のPCRを定期的に測定して不顕性感染(症状はでていないけど感染している人)がそれぞれどれぐらいいるのか?

 もし、①でワクチン接種後発症者は中和抗体が低く、中和抗体を獲得しているにも関わらず発症している人が居らず、②でワクチン接種後の不顕性感染がプラセボより極めて少ない、と言う結果であれば・・・(この結果は極めて希望的観測ですが)・・・新型コロナワクチンによる免疫がどれだけ続くのかは現在のところ未知なため、ワクチン接種後、定期的に中和抗体を測定して、それが高い間は積極的に飲食店や旅行に行って、飲食店や旅行業者を救うことができるではないかと考えました。そう簡単に収束しそうもない現状において、もし、希望的観測が正解であれば、瀕死の飲食業界、旅行業界を救えるのではないかと、一つの妄想的提案です。

4月 25, 2021